知らないと恥をかく!社員旅行3つの目的と企画の注意点
知らないと恥をかく!社員旅行3つの目的と企画の注意点
「社員旅行の幹事になったけど、そもそも社員旅行の目的を知らないな…どんな目的があるんだろう」

目的を明確にすることで、社員旅行の効果は上がります。そこでこの記事では、

●社員旅行の主な目的
●社員旅行と慰安旅行の違い
●目的に沿った企画のコツ

をご紹介します。

まずこの記事を読んで、社員旅行の目的の概要を掴みましょう。

社員旅行の主な目的3つ

社員旅行の主な目的は、以下の3つであることが多いです。
・社内コミュニケーションの活性化
・人材育成
・リフレッシュ

それぞれの目的の詳細をご紹介します。

社内コミュニケーションの活性化

社員旅行の大きな目的は、社員同士の交流を増やすこと。

例えば、「社員百人程度の会社にいるけど、普段話すのは多くて十数人…」そんな人は少なくありません。

そこで「旅行」という仕事とは別の機会によって、普段とは違う人とコミュニケーションが取られるようにします。

こうすることで、「普段どんな人と一緒に仕事しているのか」がわかるように。その結果、愛社精神やモチベーションの向上します。

加えて、コミュニケーションの向上によって組織力を高める、つまりチームビルディングの側面も、社員旅行にはあります。

人材育成

社員旅行を通して、社員のスキルアップを目指す場合もあります。

人材育成の最も大きな例は幹事です。

社員旅行の幹事は、スケジュール管理や企画の準備、そして各担当者への連絡をこなさなくてはなりません。

自然とリーダーシップが培われ、のちの仕事にも生かされるでしょう。

また社員旅行を通して成長するのは幹事だけではありません。

幹事以外の社員でも、ゲームなどを通して達成感を養うことができます。

リフレッシュ

社員旅行の目的には、リフレッシュも欠かせません。

特に売上などの目的を達成した場合の社員旅行は、リフレッシュの目的が強いです。

仕事に追われる毎日だと、個々人で大規模な旅行はなかなかできないもの。

そこで美味しい料理など非日常的な体験で癒される。

これも社員旅行の重要な目的です。

社員旅行と慰安旅行の違いとは?

社員旅行と慰安旅行には、以下の2点に関して違いがあります。

・目的の違い:慰安旅行はリフレッシュが目的
・経費の違い:慰安旅行は福利厚生費として計上できる場合も

それぞれをご紹介します。

目的の違い:慰安旅行はリフレッシュが目的

慰安の意味は「心をなぐさめ、休ませること」。

したがって慰安旅行は、リフレッシュを主な目的として開催されることが多いです。

一方の社員旅行は、色々あるにしろどれも業務につながる目的を持っています。

人材育成などは、わかりやすい例の一つですね。

経費の違い:慰安旅行は福利厚生費として計上できる場合も

慰安旅行にかかる費用は、条件を満たせば福利厚生費として計上できる場合があります。

その条件とは以下の5つです。

●参加者数が全正社員の50%以上
●旅行の期間が4泊5日以内(海外旅行の場合、移動日は含まれない)
●旅行費用における会社の負担費が低額である
●内容が一般的であること
●不参加者に金銭を支給しないこと

しかし、慰安旅行にかかる費用全てが福利厚生費として計上できるわけではありません。

どの部分が福利厚生費となるのかは会計士と事前に相談しておきましょう。

社員旅行の目的に沿った企画の2ポイント

ここでは社員旅行の目的に沿った企画を考える際に覚えておきたい、以下の2つのポイントをご紹介します。

●ゲーム的な要素を組み込む
●他人の意見を全て取り入れようとしない

それぞれをご紹介します。

ゲーム的な要素を組み込む

企画はゲーム的に、面白いものにしましょう。

つまらない企画に対しては、当然やる気は出ません。

逆に魅力的なゲームを企画できれば、ゲームを通してコミュニケーションの向上や人材育成を図ることができます。

社員旅行の目的に沿ったゲームとしておすすめなのが、「チームビルディング 」ができるゲームです。

例えばエビバディアップ。このゲームでは複数人で手を繋いで、同時に立ち上がることを目指します。

最初は2人で。その人数を4人→6人と順々に増やしていきます。

立ち上がる方法を考える中で、コミュニケーションが活性化しますよ。

他人の意見を全て取り入れようとしない

企画を考える上で、他人の意見を聞くのと同じぐらい重要なもの。

それが他人の意見を全て取り入れようとしないことです。

というのも「何の文句も出ない」企画は現実的に不可能であり、万が一できても無個性なものになりがちだからです。

他人の意見ではなくあくまで目的を意識することで、刺さる企画を作ることができます。

まとめ:目的を明確にして、それに根ざした社員旅行を!

この記事では、まず社員旅行の目的として以下の3つをあげました。

●社内コミュニケーションの活性化
●社員の、企画を通しての成長
●非日常でのリフレッシュ

次に社員旅行と慰安旅行には、目的と経費の面で違いがあることを述べました。

そして最後に、目的に沿った企画を考えるコツとして、以下の2点をあげました。

●ゲーム的な要素を組み込む
●他人の意見を全て取り入れようとしない

まずは社員旅行の目的を明確にして、各担当者と共有しましょう。

関連コラム

「社員旅行の幹事を頼まれてるけど、どんな企画がいいかわからない。『面白い』と思ってもらえる企画の作り方を知りたいな…」 面白い企画を作れれば、参加者の満足度が上がり、その後の社員旅行も盛り上がりますよね。 そこでこの記事 … 続きを読む

「社員旅行の幹事になったけど、そもそも社員旅行の目的を知らないな…どんな目的があるんだろう」 目的を明確にすることで、社員旅行の効果は上がります。そこでこの記事では、 ●社員旅行の主な目的 ●社員旅行と慰安旅行の違い ● … 続きを読む

関東地方は観光名所が多くあるだけに、サークル合宿の目的地も迷ってしまいますよね。 そこでこの記事では、 ●関東+福島のおすすめスポット ●サークル合宿の候補地に悩んだ際に見直すポイント をご紹介します。 この記事を読んで … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top