社員旅行のおもしろ企画のコツと3つの注意点
社員旅行のおもしろ企画のコツと3つの注意点
上司や部下の上下関係もあるだけに、社員旅行の企画は難しく感じます。

しかし、コツと3つの注意点を押さえるだけで企画がグッとラクになるのです。

この記事では、社員旅行の企画のコツとポイントをご紹介します。

社員旅行の企画は社内コミュニケーション円滑化を目的に!

社員旅行で行われる企画の目的、それは「社内コミュニケーションの活性化」です。

普段の生活では、自分の部署以外の人とは知り合いにくいもの。入社してしばらくすれば周りは知り合いばかり、という人も多いでしょう。

そこで日常の仕事では生まれない繋がりを生むのが、社員旅行の目的の一つ。旅行という非日常的なシチュエーションは、部署を超えて人と知り合う機会が生まれるのです。

人との繋がりが増えれば、その分会社というコミュニティに対する愛着が深まり、仕事にもやる気が出ます。仕事以外でも、例えばある店で店員さんと知り合うと、今度からその店に行くのが何だか楽しみになりますよね。それと同じことが、会社に対しても言えるのです。

ただし、交流といっても上下関係など注意すべき点があるのも事実。そういった企画の注意点を見ていきましょう。

社員旅行の企画で失敗しない!3つの注意点

社員旅行の企画の目的は、「社内コミュニケーションの活性化」です。しかしその目的のためと言っても、「度がすぎる無礼講」はいけません。むしろ社員同士の関係、ひいては社内の雰囲気を悪くするリスクがあります。

社員旅行とは、様々な年代や役職の人が集まるもの。参加者がぶつかり合わないようにするには何に気をつければいいのか、見ていきましょう。

注意点1「社員みんなが知っている企画内容にする」

言ってみれば当然のことですが、知らない企画には社内全体で参加できませんよね。逆にビンゴゲームなどよく知られているゲームはみんなで楽しみやすいです。また企画を一から説明する手間が省けるため、企画担当の人にとってもありがたいですよね。
他にも「微妙に旬をすぎたゲーム」や「小中学校で経験するゲーム」は、みんなが知っている可能性が高いです。

「このゲームをやってみたいけど、みんな知ってるかな…?」といった疑問が生まれた場合は、事前に色んな年代の人に話を聞いてみると良いでしょう。

「みんながその企画を知っている」という点は、次の注意点「参加のハードルが低い」にもつながります。

注意点2「参加のハードルが低い企画にする」

「参加のハードルが低い」とは、言い換えれば特別なスキルや準備がいらない企画のこと。参加のハードルが高い企画として、ダンスなどの出し物が挙げられるでしょう。ダンスは準備期間が必要なため、参加しづらいのです。

道具を使わない、特別な知識がいらない企画内容であれば、社員全員が参加しやすくなります。

注意点3「誰もが恥をかかない企画がベスト」

みんなが楽しめる企画にするためには、面白さが必要不可欠です。しかし面白さにこだわるあまり、企画が過激になっては本末転倒。

例えばボディタッチの多いゲームは、セクハラにつながる可能性があります。誰もが恥をかかない、嫌な思いをしないようば企画内容が良いでしょう。

また宴会中に行う企画では、酔った人が参加しても問題のないものにする必要があります。例えば動作が激しいゲームには、酔った人が転んだり、ものにぶつかったりといったリスクがあります。

企画が行われるシチュエーションをできるだけ詳細に描いた上で、「この企画にはどんなリスクがあるのか」を書き出しておくと良いでしょう。

「社員旅行で取り入れたい!面白い企画3選」

最後に、社員旅行を盛り上げる企画を3つ紹介します。企画を考える際の参考にしてくださいね。

・写真当てゲーム
・ビンゴゲーム
・チーム対抗!お絵かき対決

写真当てゲーム

これは参加者に子供の時の写真やデータを持ってきてもらい、みんなで誰の写真か当てるゲームです。写真と現在の姿のギャップが大きいほど、盛り上がります。その写真を撮った時のシチュエーションなどを教えてもらうと、さらにその人をよく知られますね。

<準備するもの>
・PC、プロジェクター、それらをつなぐコード
・クイズに使う写真やデータ
・(答えを紙に書いてもらう場合は)マジックペンと画用紙数点

ビンゴゲーム

言わずと知れたゲームの王道、ビンゴゲームです。景品は少なくかつ差を大きくした方が短時間で盛り上がれますよ。

また景品を参加者に持ち寄ってもらい、プレゼント交換を兼ねるのもおすすめ。時間はかかりますが、社内の新しい繋がりが生まれやすくなります。

<準備するもの>
・ビンゴのシート
・景品
・ビンゴの数字を決めるツール(パソコンやスマートフォンのアプリなど)
・(必要な場合は)PC、プロジェクター、それらをつなぐコード

チーム対抗!お絵かき対決

数人でチームを組んでもらい、チームごとに違うお題の絵を描いてもらうゲームです。例えばAチームには「サザエさん」、Bチームには「ガンダム」…といった風に、です。そして最後に何の絵かを他のチームに当ててもらいます。

団体戦にすることで絵に味が生まれますしチーム内でのコミュニケーションが活発になりますよ。

<準備するもの>
・マジックペンと画用紙
・正解の画像
・PC、プロジェクター、それらをつなぐコード

おもしろ企画で社員旅行を盛り上げよう!

社員旅行における企画の目的や注意点、そして具体的な企画案をご紹介しました。
あなたが考えた企画で社員みんなが楽しめば、あなたも他の社員も幸せになります。

おもしろ企画で、楽しい社員旅行をさらに盛り上げましょう。

関連コラム

「社員旅行の幹事を頼まれてるけど、どんな企画がいいかわからない。『面白い』と思ってもらえる企画の作り方を知りたいな…」 面白い企画を作れれば、参加者の満足度が上がり、その後の社員旅行も盛り上がりますよね。 そこでこの記事 … 続きを読む

「社員旅行の幹事になったけど、そもそも社員旅行の目的を知らないな…どんな目的があるんだろう」 目的を明確にすることで、社員旅行の効果は上がります。そこでこの記事では、 ●社員旅行の主な目的 ●社員旅行と慰安旅行の違い ● … 続きを読む

関東地方は観光名所が多くあるだけに、サークル合宿の目的地も迷ってしまいますよね。 そこでこの記事では、 ●関東+福島のおすすめスポット ●サークル合宿の候補地に悩んだ際に見直すポイント をご紹介します。 この記事を読んで … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top