【保存版】合宿の持ち物リストと盛り上げグッズ3選
【保存版】合宿の持ち物リストと盛り上げグッズ3選
旅行や合宿の時に、忘れ物をしてしまった経験はありませんか?

その度に先輩や友達から物を借りて、心苦しい気持ちで合宿を過ごしてしまうのはイヤですよね。

今回は、「合宿で絶対必要な持ち物リスト」と「あって嬉しい持ち物リスト」をご紹介いたします。

合宿に絶対必要な持ち物リスト

ここでは、合宿の際に絶対に必要な持ち物リストを一覧で紹介します。

全て基本的なアイテムなので、合宿に行くときはぜひ持っていくことをおすすめします。
   
【移動用バッグ】
リュックにするのか、スーツケースにするのか行先や宿泊数によっても異なってくるので
まずそこを前提に考えてみましょう。

【シャンプー&リンス】
合宿所ではシャワーがあっても、シャンプーやリンスなどがないこともしばしば。

たとえ シャンプーがあったとしても、やはり日頃使っているシャンプーを使いたいと思うものですよね。

忘れずに持っていきましょう。

【タオルセット】
タオルは使用用途もいくつかあり、どんな旅だとしても必要アイテムです。

【下着】
これは周りの人に借りることもできない、唯一無二の物ですから絶対に忘れないようにしましょう。

【着替え】
言うまでもありませんが、宿泊数や着替えの頻度を考慮して持っていきましょう。

【圧縮袋】
「衣類やタオルがかさばってバッグに入らない」なんてことにならないように、圧縮袋で効率良くまとめましょう。

圧縮袋は100円ショップで購入可能です。

【洗面用具】
女性に限らず男性も必需品!歯ブラシや洗顔料など忘れずに持っていきましょう。

【充電器&バッテリー】
スマホは忘れなくとも充電器は忘れがちです。

電源が確保しづらいときに備えて、モバイルバッテリーを持参しましょう。

「あるとヒーロー!便利な合宿グッズ」

【洗剤】
スポーツ合宿の場合は思わぬアクシデントで、服が汚れたりします。

持ち運びという点で考えると容器がしっかりしていてフタがキチンと閉まる液体洗剤がおすすめです。
【洗濯ロープ】
「せっかく洗濯したのに、部屋干しで干す場所があまり見つからない」

そんなときには洗濯ロープを使いましょう。

バッグの場所を取らずに携帯できる点も魅力的ですね。

【ハンガー&洗濯ばさみ】
一つの部屋に限られた量のハンガーしかないんで、自分で持っていくことをおすすめします。

【洗濯ネット】
団体での合宿では全員で洗濯を行うことが多いので、とり間違えないように洗濯ネットを用意しておくのも有効です。

【リセッシュやファブリーズ】
部屋が大部屋では匂いが気になることもありますよね。

そんなときは消臭スプレーがあるとよいでしょう。

ベンチコートなど、なかなか洗濯できないものも消臭できて便利です。

【ドライヤー】
ドライヤーが常備されていない部屋もあるので、念のために持っていくことをおすすめします。

【延長コード&たこ足】
スマホの充電ケーブルに比べて、部屋のコンセントが少ないことはしばしば。

延長コードを持っていけば周りからの評価が上がること間違いないでしょう。

【湿布】
ケガしたときに、もしもの時のために。

【虫よけスプレー&かゆみ止め】
夏などは特に持っていたほうがいいでしょう。

【カメラ&ビデオ】
合宿の記録をカメラやビデオに残せるようにすれば思い出に残ります。

【耳栓】
睡眠はやはり大事ですよね。これがあれば快眠に!

【栓抜き】
誰しもが忘れがちな栓抜き。

何も考えずに瓶の飲み物を買ったときも安心です。

【クレジットカード】
急な出費で現金がなくても、いざと言うときに使えるので持っておくと安心でしょう。

「合宿の夜に盛り上がる!面白グッズ3選」

普段はスマホゲームを楽しんでいても、意外と盛り上がるのがアナログゲームの魅力です。

【トランプ】
合宿の夜に盛り上がるのは、なんといっても王道のトランプですね。

バッグのスペースを占領しないのも魅力的です。

【ジェンガ】
大人数でスリルを味わうことができるのでおすすめです。

ルールもシンプルで初心者でも楽しめます。

【ボードゲーム】
合宿メンバーで共通の知っているゲームがあるとオススメです。

ゆっくり落ち着きながらも楽しみたい方には、人生ゲームなどはどうでしょうか。

まとめ:持ち物リスト活用で忘れ物防止

分かっていても、いざとなると忘れがちなものもありますよね。

もしものために、自分に必要そうなものをピックアップして、旅行の準備をしてみてください。

今回の記事を参考に、合宿の準備を進めていきましょう。

関連コラム

旅行や合宿の時に、忘れ物をしてしまった経験はありませんか? その度に先輩や友達から物を借りて、心苦しい気持ちで合宿を過ごしてしまうのはイヤですよね。 今回は、「合宿で絶対必要な持ち物リスト」と「あって嬉しい持ち物リスト」 … 続きを読む

新卒や転職して間もない方でも、入社して5.6年目の方であっても、社員旅行で一番悩むのは「服装」ですよね。 普段の仕事がフォーマルなスーツだと、カジュアルな私服を着ないといけない社員旅行は面倒に感じるものです。 この記事で … 続きを読む

社員旅行の余興と聞くと面倒に感じてしまいがちですが、事前に準備をしておくことで無事に乗り切ることができます。 社員旅行の余興だからと言って縮こまらず、全力でお笑い芸人のネタをやることがオススメです。 この記事では余興で盛 … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top