知らないと損をする!社員旅行の余興で盛り上がるお笑いネタ4選と幹事のコツ
知らないと損をする!社員旅行の余興で盛り上がるお笑いネタ4選と幹事のコツ
社員旅行の余興と聞くと面倒に感じてしまいがちですが、事前に準備をしておくことで無事に乗り切ることができます。

社員旅行の余興だからと言って縮こまらず、全力でお笑い芸人のネタをやることがオススメです。

この記事では余興で盛り上がる鉄板ネタと余興の幹事の注意点をご紹介します。

新入社員でも大ウケ!社員旅行の余興にオススメなお笑いネタ4選

大道芸やパフォーマーをやっていた経験でもない限り、余興のネタには迷ってしまいますよね。余興が苦手な方でも「盛り上がること間違いなし!」の余興にオススメなお笑いネタを4つご紹介します。

余興に使える!お笑い芸人オススメな4つのネタ

社員旅行というと、参加される方の年代や性別、そして役職も様々です。

ジェネレーションギャップが生じてしまうようなリスクもあると感じるお笑い芸人のネタですが、下記の四人をピックアップすれば問題ないでしょう。

・ブルゾンちえみ
・サンシャイン池崎
・アキラ100%
・平野ノラ

選ぶ基準はズバリ、「微妙に旬をすぎている芸人」かどうかです。

旬な芸人は一部のファンには爆発的に浸透していても、実際の知名度は低いということも往々にしてあります。

しかし「ブルゾンちえみ」や「サンシャイン池崎」、「アキラ100%」、「平野ノラ」など、CMやバラエティーに数年間引っ張りだこな芸人であれば、知名度も抜群。

普段テレビを見ない方でも、年末年始の特番などでお笑い芸人のネタを目にする機会もきっとあるはずです。

紹介したお笑い芸人のネタであればジェネレーションギャップがあったとしても、心配はいりません。

お笑い芸人のネタを使うメリットは「ウケやすさ」と「少人数」

この芸人ネタのメリットは、

・周囲の認知が高くウケやすい
・一人でもできる余興である

という2つの点です。

日頃から忙しく働いていると、数人のスケジュールを調整して余興ネタの練習を行うのは難しいものです、

ここで紹介したピン芸人のネタであれば、1人でも練習ができることが最大のメリットです。

もちろん複数人で行う場合には、「サンシャイン池崎トリオ」「アキラ100%五人衆」など複数人で同じネタをしても迫力が生まれ面白くなります。

お笑いネタの余興の練習はYouTubeを活用

主にYouTubeなどの動画サイトで検索して、お笑い芸人のネタ動画を見ながら見よう見まねで練習するのが手軽でオススメです。

より完成度を高めたい本番直前は、ネタをある程度覚えてから身近な友人にネタを披露するのも緊張感を経験する良い練習になります。

練習のモチベーションが続かず練習をさぼりがちな時は、社員旅行の場で盛り上することをイメージしましょう。

余興が成功することをイメージすることが、練習に取り組むのがモチベーションを継続させるコツです。

社員旅行の余興の場が上司や職場へのアピールにもつながることも忘れないでおきましょう。

お笑い芸人のネタがカラオケ・ゲーム・ダンスよりもオススメな理由

宴会でよくある光景として、20代~30代の若者にはウケる一方で、50代~60代の年配の層には滑ってしまうジェネレーションギャップが起きがちですよね。

たしかにカラオケは選曲が難しかったり、ゲームは世代によって得意不得意の差がハッキリ出たり、ダンスは若者しか盛り上がらなかったりなんてことはよくあります。

しかし、抜群の知名度を誇るお笑い芸人の方のネタを使えばその心配はありません。

一生懸命やりきろうとする姿勢さえ伝われば、おのずと笑いが起き評価アップに繋がるでしょう。

社員旅行の余興で幹事が気をつけるべき3つのポイント

社員旅行の余興で幹事を任されたとき、気をつけるべきは以下の3点です。

1.余興の目的を明確にする
2.社員全員が楽しめる余興の内容にする
3.余興の様子を動画や写真で残す

まず1つ目は、「余興の目的を明確にする」ことです。

余興の企画を行う上で、目的を持つことは大切です。

まずは「余興の目的を何におくか」決めましょう。

例えば、社員の交流・コミュニケーションをとることや、余興を通して社員のモチベーションを上げることも余興の目的に挙げられます。

どこに目的をおくか決めると方向性が定まり、印象に残る余興になるでしょう。

2つ目は、「社員全員が楽しめる余興の内容にする」ことです。

自分が披露する余興ネタはお笑い芸人が無難ですが、社員旅行での宴会では「社員参加型の企画」も盛り上がります。

出席者全員参加型のクイズやチーム戦のゲームなどは楽しむ方法が豊富です。

普段関わりのない人たちでもチーム戦で連帯感が生まれたり、めったに見られないような上司のお茶目な一面を引き出すこともできたりします。

3つ目は、「余興の様子を動画や写真で残すこと」です。

社員旅行は社員一同でご飯を食べたり、話したり、ゲームをして楽しんだりして同じ時間を過ごす貴重な機会です。

ただその場を楽しんだだけで終わらせることは、もったいないので社員旅行の様子は写真や動画で残しましょう。

余興の最中はもちろん旅行中の楽しそうな様子を写真や動画で残すことで、旅行後にアルバムを作って社員の皆さんに配ったり、社員旅行に参加することができなかった方にも思い出を共有することができます。

旅行で撮った写真を社内に掲示することで、社内をより雰囲気につなげることも可能です。

まとめ

社員旅行の余興というと気後れしがちなものですが、事前に準備をしっかり行っておくことで成功します。

準備した内容を活かして全力で余興を行うことで、社員旅行も盛り上がり参加したみなさんが楽しめる内容になるはずです。

幹事や余興を任された時ほど評価アップのチャンス捉え、積極的に動いてみるのも良いでしょう。

関連コラム

社員旅行の余興と聞くと面倒に感じてしまいがちですが、事前に準備をしておくことで無事に乗り切ることができます。 社員旅行の余興だからと言って縮こまらず、全力でお笑い芸人のネタをやることがオススメです。 この記事では余興で盛 … 続きを読む

「合宿中に話す相手がいないかもしれない」 「浮くのがイヤだから合宿に行くことすら迷う」 誰しもひとりぼっちになるのがイヤだから、合宿参加の前には悩みがちですよね。 この記事では合宿でのひとりぼっちを回避する、友達作りのテ … 続きを読む

関東地方の大学のみなさんは「サークル旅行」の旅行先はどのように選んでいますか? 「料金」「場所」「アクティビティ」など、どの要素を重視すべきか難しいですよね。 関東地方で定番のサークル旅行といえば、夏だと静岡県の「白浜海 … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top