ひとりぼっちでも大丈夫!合宿で仲良くなる3つのコツ
ひとりぼっちでも大丈夫!合宿で仲良くなる3つのコツ
「合宿中に話す相手がいないかもしれない」
「浮くのがイヤだから合宿に行くことすら迷う」
誰しもひとりぼっちになるのがイヤだから、合宿参加の前には悩みがちですよね。

この記事では合宿でのひとりぼっちを回避する、友達作りのテクニックをご紹介します。

ひとりぼっちの不安は誰しもあるからチャンスあり!

新しいサークルやゼミ、部活に入ったばかりでまだ馴染めていない…。

そんな時に合宿があると「合宿でひとりぼっちになるんじゃないか」とついつい不安になってしまいますよね。

誰かに話しかけようと思っても、「話しかけたら迷惑じゃないかな?』と考えがちですが、相手も話しかけてもらうことが嬉しいと思っているケースは多くあります。

合宿に馴染めるか心配することは誰しも経験するものです。

だから思いきって話しかけると相手も嬉しくて、仲良くなること成功するケースはよくあります。

合宿での一人ぼっちを防ぐトークやコミュニケーションには、以下の3つのコツを押さえることが重要です。

大学のサークル・ゼミ合宿でひとりぼっちにならない3つのコツ

ひとりぼっちで合宿を過ごすことを防ぐには、以下の3つのコツを押さえて仲良くなる人を作っていきましょう。

コツ1.同部屋の相手に話しかける
コツ2.話しかけられたら笑顔で反応する
コツ3.初対面で必ず盛り上がるネタを用意する

1つ目のコツは、「宿泊先で同部屋の相手に話しかける」です。
まずは、宿泊先のホテルで相部屋になった人に話しかけてみましょう。

限られた空間の中で沈黙を続けるのは、相手にとっても気まずく、お互いに居心地が悪いはずです。

自分だけでなく相手も話しかけてほしいなんて思っていたりするかもしれません。

ぜひ相部屋になった人には思い切って話しかけてみましょう。

2つ目のコツは、「もし話しかけられたら笑顔で反応する」です。

自分から話しかけることがとても苦手な人でも、何かのタイミングのときに相手から話しかけられることもあるでしょう。

もし思いがけず話しかけられたときは、笑顔で反応することを心がけてみましょう。

笑顔で話すことで相手に与える印象もとてもよくなり、また話しかけてみようと相手に思わせることができます。

3つ目のコツは、「初対面で会話が必ず盛り上がる鉄板ネタを事前に準備する」です。

初対面の人に話しかけるときに、何を話したらいいのだろうとアドリブだとかなり悩みますよね。

そんなときは、相手の情報を探るために質問形式で相手に問いかけてみることをオススメします。

例えば、「出身地はどこですか?」や「趣味はなんですか?」など、簡単な質問で相手の情報を知ることが大切です。

質問を重ねていく中で、共通の趣味や話題が見つかれば会話が盛り上がること間違いなしでしょう!

ひとりぼっちで大学・高校の部活やサークル合宿に参加する2つの心構え

大学・高校での部活合宿でひとりぼっちにならないためには、2つの心構えが必要です。

1つ目の心構えは、「部活合宿というイベントを部員との仲を深めるチャンスと捉える」ことです。

部活の合宿では、他の部員たちと一日を通して寝食もともに過ごすことになります。

一人ぼっちの状況だと、他人と一日ずっと一緒に過ごすイベントは苦痛に感じるかもしれません。

しかし、「この合宿が部員たちとの絆を深めるチャンス」だとメリット面を考えてみてはどうでしょうか。

部活合宿はサークル合宿とは異なり、ただの交流を深めるイベントという意味だけではありません。

練習だけでなく、食事・料理、掃除なども規則正しい生活を部の仲間ともに過ごしますよね。

それぞれの場面で、自然な流れで声を掛け合うことも多いものです。

話しかける努力をしなくとも、苦楽のある行事を共にすれば、自然と話すキッカケが生まれるなんてこともあります。

多少の不安があったとしても、まずは部活合宿に参加してみましょう。

そうすれば、これからの部活動がより充実したものになること間違いありません。

2つ目の心構えは、「成績を残すために、周りの部員に認められよう努力すること」です。

部活に対するモチベーションって人それぞれですよね。

たとえば、
「周りの人が部活に入っているから自分もなんとなく部活に入るパターン」
「ひとりぼっちになるのが嫌で部活に入るパターン」
「本気で部活に打ち込みたいから部活に入るパターン」
など、その人によって部活に参加しているモチベーションというものは様々です。

このように参加の理由は異なっていたとしても、「部活でみんなに尊敬されるほど努力をする人」は、ひとりぼっちにはなりません。

部員全員に認められるほどの努力をすれば自然と注目されますし、話しかけられることも多くなります。

自分から話しかけることが苦手な方は、まずは日頃の練習に取り組む姿勢から心がけてはいかがでしょうか。

ひとりぼっちを回避することもでき、部活の成績も上がり一石二鳥で自然と頑張れるはずです。

まとめ

合宿でのひとりぼっちにならないための対処方法や考え方を参考にして、良い仲間や友人を作ろうと行動してみましょう。

もし友達ができなかったとしても、良い経験をしたとプラスに捉えて頑張ってください。

何事も経験することが自分の成長につながる一歩ですので、ぜひアクションを起こしてみましょう!

関連コラム

「社員旅行の幹事を頼まれてるけど、どんな企画がいいかわからない。『面白い』と思ってもらえる企画の作り方を知りたいな…」 面白い企画を作れれば、参加者の満足度が上がり、その後の社員旅行も盛り上がりますよね。 そこでこの記事 … 続きを読む

「社員旅行の幹事になったけど、そもそも社員旅行の目的を知らないな…どんな目的があるんだろう」 目的を明確にすることで、社員旅行の効果は上がります。そこでこの記事では、 ●社員旅行の主な目的 ●社員旅行と慰安旅行の違い ● … 続きを読む

関東地方は観光名所が多くあるだけに、サークル合宿の目的地も迷ってしまいますよね。 そこでこの記事では、 ●関東+福島のおすすめスポット ●サークル合宿の候補地に悩んだ際に見直すポイント をご紹介します。 この記事を読んで … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top