【都内】子供連れ団体旅行(子供会など)4つのチェックポイント
【都内】子供連れ団体旅行(子供会など)4つのチェックポイント
クラブ活動の合宿や大会、子供会の行事など、子供がいる家庭では、大勢の子供連れでの団体旅行の予定が入る事もありますよね?
都内からの子供連れでの旅行先といえば、自然をたくさん感じられる場所や、普段は出来ないような体験ができるスポット、歴史を感じられるようなところが人気です。
千葉県の「マザー牧場」や栃木県の「日光江戸村」などが代表的な人気スポットといえるでしょう。
ただ、どんな旅行先を選んだとしても、普段の家族旅行とは違い、大勢の子供たちを引率しての旅行となると、本当に大変なことがいっぱい。
自分の子供だけではなく、ほかの家庭の子供もいますので責任も重大です。
そんな子供会などの子供連れ団体旅行の幹事さんに、必ずチェックするべきポイントをご紹介いたします!

――――――――――――
ポイント1:子供たちの健康チェック
――――――――――――

慣れない環境や移動などで、急に体調を崩す子もいます。
前もって子供たちの健康状態をチェックしたり、「風邪薬」「痛み止め」「酔い止め」など、基本的な薬は準備しておきましょう。

―――――――――――
ポイント2:移動手段をどうするか
―――――――――――

移動手段は主に下記のような方法があります。
 ●貸切バス 
 ●マイクロバスなどのレンタカー
 ●父兄の自家用車による送迎
 ●電車などの公共交通機関
一番利便性も高く、便利なのは「貸切バス」です。
周りのお客様などに気を遣う必要もなく、融通も利きやすいですし、何より子供たちも移動時間を楽しく過ごすことができます。
費用は掛かりますが、予算が許すのであれば「貸切バス」をお勧めします。
「レンタカー」や「自家用車での送迎」は運転手となる父兄の負担が大きくなります。
近場であれば問題ないかもしれませんが、遠方となると難しくなります。
電車などの「公共交通機関」は、ほかの乗客に迷惑の無いように、マナーを守って全員で行動する必要があります。子供たちが楽しみにしていればいるほど、ついつい騒ぎすぎてしまう事もあるでしょう。
しっかりと引率者が管理する必要があります。また、駅から宿泊先や目的地への移動もあります。最寄り駅までの送迎サービスのある宿泊先だと、とても便利ですね。

―――――――――――
ポイント3:食事の内容
―――――――――――

食事内容は事前に確認しておきましょう。施設によってはバイキング形式の所や、カレー、ハンバーグなど子供の好きなメニューを準備します、という施設もあります。
育ち盛りの子供たちにはしっかり食事をとってもらいたいですよね。夜のメニューだけでなくお昼も必要であれば、施設側に用意してもらうのか、別途用意する必要があれば、飲食店の情報などしっかりと確認し予約をしておきましょう。
また、参加者の中には、卵やそばなどの「食物アレルギー」のある子供がいるかもしれません。命に係わる事もありますので、必ず全員の保護者に事前に確認をしておきましょう。

―――――――――――
ポイント4:宿泊先のお部屋
―――――――――――

「和室タイプ」の方が人数に融通が利きやすい事が多いようです。
団体の場合、直前まで人数の増減があったりすることも多いので、和室の方が急な変更に対応しやすいでしょう。
また、部屋は出来るだけ「大部屋」にして、使用する部屋数を減らすのも意外と重要なポイント。
部屋数が多いと引率者が各部屋を回って様子を見たり、朝起こしたりするのも大変になります。
部屋数が少なければその分手間も減りますので、「大部屋」がオススメです。

―――――――――――

以上、子供連れ団体旅行のチェックポイントはいかがでしたか?
子供たちを思い切り楽しませてあげるためにも、トラブルの無いようにしっかりとした準備が必要になります。そして何より一番大事なのは子供たちの「健康」や、「安全」をしっかりと確保すること。
子供を拘束しすぎるのはよくありませんが、楽しむときはしっかり楽しむ。締めるべきときはしっかりと締める。メリハリを持った行動を大人が示すことが重要です。
ここに挙げたような、しっかりとした準備とメリハリのある行動で、子供たちに良い思い出をたくさん作ってあげてくださいね♪

関連コラム

「社員旅行でどこに行ったらいいのか、目的地が決められない」 友人と行く旅行と社員旅行は別物。 旅行好きの方でも、団体向けに旅行プランを寝るのは難しいものです。 この記事では、 ・関東+福島県の都県別のおすすめスポット数カ … 続きを読む

「社員旅行の幹事を任されたけど、何をすべきかわからず不安…」 特にはじめてだとやることがお多すぎて、なかなかスムーズに進められないものです。 この記事では ・段階別に、社員旅行の幹事がすべきこと ・社員旅行の典型的な失敗 … 続きを読む

社員旅行の幹事は、企画立案やスケジュールの段取りを考える大変な仕事。 中でも当日地味に悩むのが、場面ごとの挨拶です。 この記事では、挨拶に入れるべき要素や順番、挨拶の具体的な例文をご紹介します。 人前での挨拶に苦手意識が … 続きを読む

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法をカンタンにまとめました。 旅の大きな魅力のひとつが「食」です。 下調べと希望調査で、ぜひ食事も楽しめる旅 … 続きを読む

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては旅費が高額になるため事前見積りなどが幹事さんのシゴトになります。 ■団体旅行の悩み  ●「初めて幹事を任されたがどうし … 続きを読む

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。 特に、幹事さんに責任やクレームが集中しないよ … 続きを読む

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。 サークルや新人研修合宿の予定が立った時点で、検討するべき5つのポイントを紹介します。 (1)目的 合宿を実施する目的を明確にしましょう。 サッカーや野球、テニ … 続きを読む

Top